今限定の味も!人気のローソンのからあげクンを食べ比べてみました

手軽に食べられて、とっても美味しいローソンのからあげクンは、おやつにもおつまみにもなり、何個でも食べられちゃいますよね!定番の味のほか、地域や数量限定の味もあって目が離せないローソンのからあげクンを’15年5月20日時点で購入できる物を実際に食べ比べてみました

まずは今の数量限定からあげクン。からあげクン ドラゴンクエスト ホイミ味

からあげクンとドラゴンクエストの30周年コラボ商品。

からあげクンは30周年!(4月15日が誕生日!)
実は、今年(2016年)に30周年を迎えるコンテンツがあるのです。

それは・・・「ドラクエ」こと「ドラゴンクエスト」!!

というわけで、 ドラゴンクエストもからあげクンも30周年!
記念して、こんな商品が発売されます。

出典:http://www.lawson.co.jp

ローソン公式サイトより。

へえ。ローソンでからあげクンが販売されてから30年も経つんですね。なんというベストセラー!

からあげクン ドラゴンクエスト ホイミ味の注目ポイント1:つまようじが剣!?

実は私はからあげクンドラゴンクエストホイミ味を食べたのは2回目なのですが…知らなかったので気づきませんでした。。。商品自体が数量限定、の中にもまた一つ数量限定があるという面白さ。もしも運よく手に入れられたら、使わずにしばらく取って置きたいですね(笑)

からあげクン ドラゴンクエスト ホイミ味の注目ポイント2:も一つレア!スライムが焼印で入ってる!?

からあげクン ドラゴンクエスト ホイミ味のからあげクンがスライムの形をしているのかと期待したのですが、そうではなく、こういうことでした。しかも「入っていたらラッキー」という、上記のつまようじが剣になっているよりもレアのようです。

からあげクン ドラゴンクエスト ホイミ味の注目ポイント3:味は?おいしい?

はい。ホイミの味がする…のかどうかは定かではないですが、マヨネーズが入っているせいか、ほんの少し、チーズ味にも近い味のように感じました。そこへガーリックのピリッと感もあります。おいしいです。

からあげクン ドラゴンクエスト ホイミ味の注目ポイント4:買う時にも注目点が!

からあげクン ドラゴンクエスト ホイミ味をレジに通すときには、ドラゴンクエストの「あの音」を聞くことができるので、油断せず耳を澄ましてみてください。ちょっとうれしくなります。これぞホイミ効果!?

からあげクン ドラゴンクエスト ホイミ味はよく調べてから食べるべし!

なんだか、ダンジョンの何マス目かにあると言われる宝を見つけるような気持ちでよく見ながら食べると、からあげクン ドラゴンクエスト ホイミ味の楽しみがグッとアップすると思います。友達と一緒にワイワイ食べたいからあげクンです。

まだ残っているお店、あるかな?「でからあげクン 夢のミックス味」

こちらも、ローソンのからあげクン30周年商品です。

でからあげクンは普通のローソンのからあげクンより本当にデカいのか?

普通のからあげクンより40%大きいらしいです。

確かに、持った感じがいつものからあげクンより大きかったです。でもひとくちで食べられないわけでもなく、変わらずパクパクっと食べられちゃいます。

果たして「ミックス味」の味は?

普段、レッドの辛さが苦手な方でも食べられちゃいます。

定番の3つの味がするかどうか。ですが、ん~・・・私個人としては、チーズの味が一番強くて辛さがほんのちょっとあとからくるような感じです。そう考えると、確かに3つの味なのかもしれません。

筆者が出会えたローソンのからあげクンの「地域の味」

ローソンのからあげクンも、時々、地域の名産物の味とコラボしたものが発売されることがあります。地域限定であったり、期間限定であったり、これも出会うことができたらラッキーです。今回私は2つの味と出会えたので、ご紹介します。

ローソンのからあげクン×仙台の牛タン(利休監修)

岩手でも買えました。

仙台の牛タン店の中でも有名な利休とのコラボ商品。果たしてその味は?

宮城県は隣にあるのでよく遊びに行っては牛たんを食べている私からすると、このローソンのからあげクンの牛たん味で、牛たんを食べた気分になるか・・・と言うとそうでもなかったです。うま塩味と言うだけあり、塩っ辛い感じです。

ローソンのからあげクン×北海新幹線開業

WにんにくのWは・・・

青森県産のにんにくの種類のことだそうです。

うんうん、なるほど…と言う味です。

にんにくが2種類入っているということですが、辛くないので、お子さんでも食べられると思います。後になってバターの風味が出てきます。しょっぱさも、上の牛たんうま塩味に比べてまろやかなのは、しょうゆのおかげではないかな、と思います。

どこかに旅行や出張に行った時も注目したいローソンのからあげクン!

ふだん、自分が住んでいる地域とは違うローソンで販売されているからあげクンを見つけてみるのも楽しいですね。パッケージもかわいいので写真に取って置いて、他のお土産と一緒にみんなと話題にしてみたら面白いと思います。

ローソンのからあげクンの歴史をちょっぴり覗いてみましょう

忘れちゃいけない、ローソンのからあげクンのパッケージの歴史

今はいろんな味が開発されている、ローソンのからあげクンですが、発売されたときにはレギュラー味のみだったそうです。そして中身はもちろんですが、パッケージにも歴史があり、上記パッケージは2003年からのデザインだそうです。(※)

歴代のローソンのからあげクンパッケージをご紹介

販売当初のローソンのからあげクンのパッケージ

なんだかオシャレな新聞紙のようですね。今のキャラクターはこの頃にはいなかったのかな?

こちらがローソンのからあげクンの2代目のパッケージだそうです。

これはおぼろげながら記憶にあるような気がします。
(歳バレる?)
初代のもそうですが、底のマチがないですね。

レッドが発売されたのがこの頃だそう。

詳しくは1988年に発売されたそうです。でもなぜ、2代目パッケージがおっちゃんみたいな顔がこんなにあるデザインになったのかな~と思ったのですが、恐らくはお酒のおつまみとして、販売するターゲットを広げるためだったのかなと勝手に思ってみました。

レギュラー、レッドと来たら次はやっぱりチーズ?…ではなかったようです。

今はレギュラー、レッドと共に、ローソンのからあげクンの定番の味になっているチーズなのですが、意外や意外、販売されたのは2003年と、つい最近だそうです。この間に新しい味が出てきていないのか、と言うと、そうでもなく、幻の味が出てたそうなんです。その味とは…

ズバリ、カレー味!

以前、販売されていたといわれる、ローソンのからあげクンのカレー味のパッケージです。あったっけかなあ?

何でヒットしなかったの?

鶏肉にカレー味。合いそうなのになぜ定番の味に入れなかったのか。一説には「店がカレーの臭いで充満して大変だったから」だそうです。なんと言うか、味の問題ではないのが悲しいところですが、確かにローソン入ったとたんにカレー臭、というか、ローソン=カレー臭になってしまうのもローソンにとってもいいことではないです。

<今回のまとめ>ローソンのからあげクン発売30周年の今年は更にからあげクンに注目!

考えてみると、なぜか私も今年はいつもよりもローソンのからあげクンを買っているような気がします。これからもローソンのからあげクン30周年ということで、ローソンの皆さんは色々な企画を準備しているようなので、楽しみです。ローソンに行ったら、ホットフードコーナーを忘れずにチェックですよ!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ