モスバーガーをおすすめする理由はその不変のおいしさと健康志向

牛丼、ラーメン等と並んでおすすめの外食産業がファーストフード。その中でも安さだけでも、ボリュームだけでもない、質、量、価格が絶妙のバランスをとって今なお発展しているのがモスバーガーだと思います。特におすすめするモスバーガーのトピックに迫ります。

モスバーガーといえば

 モスバーガーならではの特徴と言ったら何でしょうか?おいしさ、ボリューム、新鮮さ、…、などなど質、量それぞれおすすめの意見があると思います。値段も他のファーストフード店と比べても違いがあるかと思います。中でもその個性的な味、いい意味での味覚は他のチェーン系のハンバーガーを凌駕していると思います。

 固定ファン、フリークが多いのも頷けます。

モスバーガーおすすめのメニュー

 それでは、早速モスバーガーの定番から限定までおすすめのメニューを見てみましょう。

定番のおすすめ

 昔からある不動のおすすめメニューです。何はさておき、店名を冠した「モスバーガー」をいの一番に挙げていいでしょう。その応用で、チーズの挟んだモスチーズバーガーも兄弟みたいな物でこれもおすすめ。なんといっても、あのミートソース、オニオン、トマトのハーモニーが忘れられない!というくらいの売りであり、お店自体もこれらをおすすめしているのでしょう。

 これはモスバーガーの兄弟分、モスチーズバーガー。肉厚でおいしいトマト、あのミートソース、真っ白なオニオンの重層構造はおすすめされなくても食指が動く…。

 モスバーガー関連に続くおすすめは、やはりテリヤキバーガーでしょうか。驚いたことに、このテリヤキバーガー自体初めて考案して発売したのもモスバーガーさんとの事です。さすがモスバーガーが元祖、と思わせるのは、醤油ベースのソースたっぷりの照り焼きにこれまたしゃきしゃきレタスとマヨネーズ、という恒久の組み合わせにあり、世代を超えて食べ継がれている程うまい!です。

 モスバーガーとテリヤキバーガー両方注文する人も多いのでは?実は王道のおすすめコンビネーションかも。

おすすめの限定メニュー

 季節限定、期間限定から朝限定まで、臨時メニューが豊富なのもモスバーガーらしい。その中でも、個人的にはこれをおすすめしますかね。

鶏もも肉にゆず風味の下味をつけた
ローストチキンの上に、スライスした
オニオンと輪切りのトマト、レタスをのせ、
バンズでサンド。
ケチャップとマヨネーズのシンプルな
味付けで食べやすく仕上げています。
ゆずの風味が香るさっぱりとした味わいが、
朝の時間帯にぴったりのハンバーガーです。

出典:http://fastfood.blog.jp

 値段も単品270円、ドリンクセットで410円と、妥当な料金と思います。モスバーガーおすすめのニューフェイスです。

モスバーガーによる、スイーツ関連のおすすめ

 モスバーガーである以上ハンバーガー中心でしたが、当然最近のファーストフードに漏れず、サイドメニューも充実しています。これまた秋冬限定メニューですが、豆乳を使ったデザートをおすすめします。鍋料理に用いるとコクが出て、しかも大豆タンパク質ですからヘルシー。ダイエットしている方にもおすすめ出来ますね。

 レアチーズとショコラの2つ選べます。豆乳好きにも当然おすすめ。

 モスバーガーの珈琲も、ありがちなプラスチックではなく、しっかりとしたコーヒーカップで。コクがある点で、コンビニのコーヒーよりおすすめします。

ご家庭におすすめ、モスバーガーのソースを再現!

 実は、個人的にもモスバーガーのミートソースは大好きなので、自家製レシピの検索をかなり前からしていたのですが、ありそうでなかったおすすめレシピなのです。ここのところ、ようやく!といった感じで紹介されています。パスタやドリアにと、応用が広く、チャレンジされる事もおすすめします。

 あのミートソースが食べ放題?!

おすすめのモスバーガーは永遠に不滅

 今回、モスバーガーでは何がおすすめなのか調べる過程で、今更ながらテリヤキバーガーがモスバーガーによって生み出された事を知って、とても勉強になりました。また、産地情報をボードに書いて店舗ごとに公開していたのもモスバーガーは早かった印象があります。

 ある日の産地情報。ホームページでも詳細に公開されています。メニューのみならず、おすすめの農家さんもいらっしゃるようです。

 ファーストフードというと体に良くないという反応もありますが、そのイメージを覆していち早く健康志向に取り組んだのかも。

 今回は触れませんでしたが、植物性タンパク質を使ったソイパティシリーズもモスバーガーならではで、カロリーを気になさる方にもおすすめです。

 モスバーガーは注文されてから調理して配膳をするポリシーをずっと貫いています。もっと安いハンバーガー店では、当然作り置きをされていて、その分出来上がるのが早いということはそれはそれでおすすめできるメリットといえばメリットかもしれません。どちらがいい悪いではなく、消費者それぞれが好き嫌いや状況に応じて選べばいいのかもしれません。しかし、なんといっても最初にも触れた、あのミートソースを使ったモスバーガー(もしくはモスチーズバーガー)という大看板を擁している”モスバーガー”こそ、ファーストフードの中でも自信もっておすすめ出来ます!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ