吉野家の牛丼をお家で食べたい!テレビで紹介されたレシピを紹介!

牛丼は日本人の国民食として馴染みのある代表的な和食です。吉野家は、牛丼を取り扱う、美味しいと有名なチェーン店の一つです。そんな吉野家の牛丼レシピを知りたくないですか?吉野家の牛丼をおうちで簡単に再現できると話題のレシピを紹介したいと思います。

吉野家の牛丼

吉野家の牛丼の歴史

吉野家は1899年に築地で1号店が開業されました。
吉野家は牛肉からタレ、玉ねぎ、脇役の紅ショウガなどの牛丼の素材から作り方に至るまで研究を重ねてきました。
吉野家は「はやい、うまい、やすい」をモットーにお客様に喜ばれる牛丼を目指してきたそうです。
そして今では日本だけでなく世界中の国まで店舗を拡大し、吉野家の牛丼を拡大中なのです。

吉野家の牛丼の再現レシピ_材料

吉野家の牛丼の再現レシピの材料は、以下です。

■外国産牛肉・・・200g
■玉ねぎ・・・・・100g
■醤油・・・・・・大さじ1.5
■砂糖・・・・・・大さじ1と3分の1
■白ワイン・・・・大さじ2
■カツオだし・・・小さじ2
■昆布だし・・・・小さじ1
■中華だし・・・・小さじ1

いくつか気になる材料もありますが、この後の再現レシピのポイントと手順の中で説明していきます。

吉野家の牛丼の再現レシピ_ポイント

ポイント1:ダシには中華ダシを加えます!

普通和風料理のだしと言えば、昆布や煮干しなどを使います。
今回の吉野家の再現レシピでは、和風だしに加えて中華だしを加えるのがポイントです。

牛肉料理は、牛脂を使って調理するとより味わい深い仕上がりになり、それだけで旨みがワンランクアップします。

そこで、牛丼を食べた時の後味に残る牛脂感を再現するために、中華ダシを入れるのです。
中華ダシには牛脂が含まれているので、手軽に牛脂感を再現できるというわけです。

ポイント2:料理酒ではなく白ワインでフルーティに仕上げます!

白ワインを加えることもこの吉野家の再現レシピのポイントです。

赤ワインでも美味しく仕上がりますが、吉野家の牛丼をより忠実に再現するためには、コクが出過ぎない白ワインを使います。

ポイント3:主役の牛肉は外国産のバラ肉でOKです!

国産牛を使いたいところですが、国産牛ははやり値段が高めですよね。
今回の吉野家の再現レシピでは外国産のバラ肉で再現できるのです。

ポイント4:玉ねぎは最後に入れます!

牛丼を作る際、玉ねぎは牛肉と一緒に煮込むイメージがあります。

今回の再現レシピでは、吉野家の牛丼の少しシャキシャキした感じの玉ねぎを再現するために、玉ねぎは一番最後に入れるのです。

吉野家の牛丼の再現レシピ_手順

1 ダシ作り

・お鍋に火をかけ、カツオだし、昆布だし、中華だしを順入れて、だし汁を作ります。

・さらに、醤油、砂糖、白ワインを加え、一煮立ちさせます。


ダシ作りのレシピはこれだけで完了です。

2 牛肉を煮込む

・作ったダシ汁に、牛肉を入れます。

ここでの再現レシピのポイントです。
牛肉は塊のまま入れてしまうと、塊のままで煮立ってしまいます。
少し面倒かもしれませんが、1枚1枚バラバラにしながらだし汁の中へ入れるようにしましょう。

さらに再現レシピのポイントです。
火は沸騰しない程度の弱火で、鍋のフタをして10分ほど煮ましょう。

ここではまだ玉ねぎは入れないでください。


牛肉を煮込むレシピはこれで完了です。

3 玉ねぎを入れる

・最後に玉ねぎを入れます。

ここでの再現レシピのポイントです。
弱火で3分程度煮ましょう。
煮すぎると吉野家の牛丼のような玉ねぎのシャキシャキ感がなくなってしまうので、注意してください。


以上で吉野家の牛丼再現レシピは完了です。

他にも吉野家の牛丼の再現レシピがあります

今回紹介した再現レシピの他にも、いくつか吉野家の牛丼を再現できるレシピがあるので、紹介します。

色々なレシピで作り比べてみるのも良いかもしれませんね。

最後に

吉野家の牛丼の再現レシピを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
なかなかおうちで美味しい牛丼が作れない方、興味がある方、ぜひ試してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ