ケーキ以外にもあった!今年食べたい世界のクリスマススイーツ7選

クリスマススイーツといえば、クリスマスケーキが大定番。しかし世界には、もっといろいろな種類のクリスマススイーツが存在しています。そこで今回は、世界中のクリスマススイーツの中から、特におすすめのスイーツを厳選してご紹介します。今年のクリスマスにおすすめですよ♪

クリスマスケーキ以外のクリスマススイーツって?

クリスマスに食べるものといったら、やっぱりクリスマスケーキが大定番ですよね。毎年クリスマスケーキを買うのが楽しみ♪なんて方も多いのではないでしょうか?しかし世界中では、クリスマスにいろいろなスイーツを食べているというのをご存知ですか?今回は、そんなケーキ以外のクリスマススイーツをご紹介します。

世界中で食べられているクリスマススイーツは、今後日本でも流行しそうな美味しそうなスイーツばかり。気になるクリスマススイーツがあれば、ぜひ今年のクリスマスにでも召し上がってみてくださいね。

それでは早速、いろいろなクリスマススイーツをご紹介しましょう!

クリスマススイーツ①ブッシュドノエル

クリスマススイーツの代表ともいえるのが、ブッシュドノエルです。ブッシュドノエルは、フランスのクリスマススイーツで、木や切り株の形をしています。日本でも有名なので、既にクリスマスにはクリスマスケーキとしてブッシュドノエルを食べている方もいらっしゃるかもしれませんね。

見た目も可愛らしいので、お子様は特に喜びますよ♪

クリスマススイーツ②パネトーネ

パネトーネは、イタリアのミラノ発祥のクリスマススイーツです。パネトーネ菌という菌を使っていて、約1~3ヶ月間もの間美味しく食べられるのが特徴。クリスマス前にパネトーネを食べながら、クリスマスを待ちわびるのも楽しいですね。しっとり甘い生地に、ドライフルーツの甘酸っぱさがアクセントになって、いくらでも食べられちゃう美味しさです。

クリスマススイーツ③シュトーレン

シュトーレンは、ドイツ発祥のクリスマススイーツです。現在では、クリスマス前になると日本のパン屋さんでも見かける機会も多くなっているので、食べたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?ドライフルーツやナッツが入った生地に、溶かしバターと砂糖がたっぷりとかけられていて、大人も子供も好きな味です。

クリスマススイーツ④クリスマスプディング

クリスマスプディングは、イギリス発祥のクリスマススイーツです。ブランデーやラム酒に漬け込んだドライフルーツをたっぷり加えた生地を蒸し、さらに熟成させてつくります。とっても濃厚なお味なので、甘いもの好きの女性には特に人気のスイーツです。

クリスマススイーツ⑤パブロバ

パブロバは、ニュージーランド発祥のクリスマススイーツです。生地はメレンゲでできていて、ふわふわで軽い食感が特徴です。生クリームとフルーツもたっぷりで、日本のクリスマスケーキに近いですね。

クリスマスケーキ⑥メロマカロナ

メロマカロナは、ギリシャのクリスマススイーツです。オレンジやスパイスを加えて焼かれたクッキーを、蜂蜜やシロップに浸してあります。日本ではなかなか販売されていないので、ぜひお家で手作りしてみてはいかがでしょうか?

クリスマススイーツ⑦ビナールテルタ

ビナールテルタは、アイスランドのクリスマススイーツです。スポンジケーキのような生地に、濃厚なプルーンジャムを挟んで何層にもなっています。アイスランドでは、クリスマスホリデーの定番スイーツとして人気があるそうです。

いろいろなクリスマススイーツを食べてみよう♪

いかがでしたでしょうか?
世界中で食べられている、いろいろなクリスマススイーツをご紹介しました。

日本でクリスマスに食べるスイーツというとケーキが代表的なものですが、世界にはほかにもいろいろなスイーツがあります。今は日本ではまだあまり知られていないスイーツでも、今後注目を集める可能性はあります。今からぜひチェックしておいてくださいね♪

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ